棺にコスメ

生きてる限りメイクする

クッションファンデと言わないシャネルの意地

テーマがシャネル続きですが。

昨日6月2日に発売になったシャネルのクッションファンデ、トゥシュ ドゥ タン ベル ミン。

f:id:hitsucos:20170603113942j:image

皆様はチェック済みですか?ちょっとこのパケ、エグいぐらい可愛いですね。

 

こちらには、友達から昨日試して買ったという速報が入ってきました。

ま、私がシャネルからクッション出るらしいよ!ってけしかけたんですけど(自分は現物見てもいないのに)。

友達は「もーいい加減にしてほしいー!顔が足りない!」って怒ってました。

www.chanel.com

製品説明

素肌の質感を生かしながら、明るいつやが際立つヘルシー グロウな肌に仕上げるアクア ジェル ファンデーション。 はじけるようなフレッシュ感で、ひんやりとした清涼感と心地よさをもたらします。肌のきめにぴたりと寄り添い潤いを閉じ込めながらも表面はサラリと仕上げます。 

けしかけておいて、公式の説明を見て不安になったことが…クッションって文字がどこにもない。あくまでアクア推しのジェル推し。これは本当にクッションなのか?クッションっぽいだけではないのか。

友達に、クッションだった?って聞いたら、クッションだよって。パタパタするやつ?って聞いたら、パタパタするやつ!って。スポンジに液が含まれてるやつ?って聞いたら、そうだよー!って。しつけーなー!って友達は思ったことでしょう。

はい、クッションファンデで間違いないです。

ていうか、友達もBAさんに「いわゆるクッションファンデですよね?」と聞いたそうです。「そうです」という答えだったらしいですけど、てことはカウンターでも言われるまではそのワードを出さない、積極的にはクッションファンデという言葉は使わないようにしているのかも。と私は思いました。

何か思惑や思想があってクッションって言葉を使わないのか。シャネルの考えることはオノヨーコの作品ぐらい私ごときに理解できるものではありません。

でも…私ごときが考えて思い付いたことは、意地かなって思いました。誇りとも言える。だってシャネルですからね!

 

で、友達によるトゥシュ ドゥ タン ベル ミンの感想です。

・リンゴ強めにほんのり花を混ぜたような香り

・ベース込みで綺麗だった。ベースはルブランバーズルミエール

ディオールほどの完成度はないものの、程よいカバー、艶は5時間持続している

ナチュラルキレイ

・他の新製品も可愛かった

 

ディオールのくだりは、私もこの子もスキンスター信者だからです。

hitsugicosme.hatenablog.com

毎月一回はどちらからともなく「ねぇやっぱりスター綺麗すぎない?」って確認し合う儀式を行っています。この子とはパーソナルカラーが一緒なことと肌質や肌理とかもきっと似ているので、合うファンデーションが一緒なんだと思います。

私も先日メイクアップフォーエバーのクッションファンデが超絶いいとレビューしたばかりですが、やっぱり私の肌にとってはスキンスターの方が完璧の仕事をしてくれるなって思います。

hitsugicosme.hatenablog.com

てかそれは大前提の上で他の良いファンデーションが欲しいし使っているからいいんです!よろしく!

話がそれましたが、クッションファンデと言わないシャネルのクッションファンデ、私も近々試してみたいと思います。